イビサクリームの使い方詳しく説明します

イビサクリームの使い方詳しく説明します

イビサクリーム

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策として、イビサクリームが人気を集めています。

 

イビサクリームの本体は一般的な大人用の歯磨き粉のチューブくらいの大きさでふたを外して必要量を出します。

 

使い方はとても簡単で、朝と夜に一回ずつ塗るだけです。

 

1円玉ぐらいの大きさを手のひらにとって、デリケートゾーンの気になる部分に優しく塗り込んであげましょう。

 

とても伸びの良いクリームなので、少しの量でもしっかりと塗ることができます。

 

早く効果を得たいからといって、塗り過ぎてしまったり、こするように塗るのはやめた方がよいでしょう。

 

あくまでも適量を優しく塗ることを心掛けましょう。

 

これを朝晩毎日繰り返すことで、美白成分が皮膚に浸透してメラニンが発生しにくい肌づくりに役立ちます。

 

しかしイビサクリームの力を最大限に生かす使い方があるのであれば、知っておきたいところです。

 

まず意外と忘れがちなことですが、塗る部分とクリームをとる手は必ず清潔な状態にするようにしましょう。

 

塗る部分や手が汚いままでは、一緒に汚れまで塗り込んでしまうことになります。

 

手についた雑菌がデリケートゾーンで繁殖してしまう可能性もあるので十分に気をつけるようにしましょう。

 

また汚い手でチューブのクリームが出てくる部分に触れることで、クリームの中身にまで菌が繁殖してしまう可能性もあります。

 

使用する前には必ず手を洗い、塗る部分もウェットティッシュやホットタオルなどで軽く拭き取るようにしましょう。

 

イビサクリームは公式サイトでも1日2回の塗布を推奨しています。

 

1日2回となると、つい忘れてしまう人もいるかもしれません。

 

しかしクリームの中には肌のターンオーバーを促す成分や保湿成分がたっぷりと含まれています。

 

そのため1日に最低でも2回以上は使った方がよいでしょう。

 

そしてクリームを塗布する前には毛穴を開いて浸透しやすい状態にしておくとよいでしょう。

 

お風呂に入った後は体温が上昇しているので、そのタイミングで塗布し、塗った後には冷やした濡れタオルなどで患部を抑えると良いでしょう。

 

イビサクリーム

 

【本当は効果なし!?】イビサクリームの良い・悪い口コミを徹底検証! TOPはこちら