デリケートゾーンの黒ずみをレーザーで治すときの基礎知識

デリケートゾーンの黒ずみをレーザーで治すときの基礎知識

 

イビサクリーム

 

黒ずみのレーザー治療には2種類あります

 

Iラインの表面に出来た黒ずみを大陰唇や小陰唇に蓄積されて厚くなった角質や色素沈着した皮膚の黒ずみ部分を削り取るインティマレーザーによる治療と、VラインやIラインなどの表面的な黒ずみを弱い出力でムラなく均等に照射して角質へ負担が少ないレーザートーニングの二つのレーザーを利用した治療を行っています。
前者は皮膚を削り取る治療のため、麻酔処置が必要ですが後者の場合は肌への負担が少ないなどレーザー治療にも処置の違いが出てきます。

 

レーザートーニング治療について

 

レーザートーニングの治療は、美容クリニックで肝斑やしみなどの肌トラブル全般に使用されてきた特徴があり、弱いレーザー照射で治療を行うことから皮膚炎症を起こしにくく、角質層の薄いデリケートゾーンにも安全に治療を行うことが出来る事からデリケートゾーンの黒ずみ対策として多く使用されてきています。

 

麻酔を利用する必要が無いですが、レーザーを照射した時にゴムでパチンと弾かれる程度の痛みは感じるため、施術を行う際には皮膚を冷却しながら治療を行うことが一般的です。治療にかかる費用は黒ずみの度合いによって異なりますが、平均としてVライン、Iラインのパーツに分け、各1回10000〜20000円ほどかかります。弱く肌に優しいレーザーを利用した治療は複数回施術を繰り返して段々黒ずみを薄くしていくことが前提となっているので、単発で治療を受けるよりも複数回パックを利用すると、一度の施術料金が割安になるなどお得に治療を受けることが可能です。

 

インティマレーザーについて

 

表面的な皮膚のシミを消すレーザー治療とは異なり、セルビウムYAGレーザーと呼ばれるインティマレーザーを採用しており、黒ずみが目立つデリケートゾーンを内側から治療を行う特徴があります。この治療を受ける方の特徴として、下着や衣服の擦れによりメラニン色素が蓄積しているだけではなく、年齢を重ねて肌の角質層が厚くなっている場合に治療を行うことで、薄い層ごとに削り取り黒ずみを効果的に改善することが出来ます。

 

レーザートーニングとは違って、皮膚を削り取る治療を行うため治療時の痛みも強いことから、事前処置として麻酔クリームを患部に塗ってから治療を行います。麻酔が効いている間に約15分ほどで治療を済ませることが出来ますし、何度も繰り返し治療を受ける必要があるのとは違って角質肥厚になった黒ずみを削り取ってしまうことから一度で高い美白効果を実感することが出来ます。
費用は1回の治療が98000円と高めですが、何度も通うのは面倒という方には向いている治療方法となっています。

 

失敗しないクリニックの選び方について

 

今まで美容クリニックを利用した経験の無い方にとって、初めて美容目的の医療機関探しに時間がかかってしまう方は少なくありません。特にレーザー治療は保険適用外なので費用が高くなりやすく、医療機関探しに失敗したくないという方が大半です。
そんな方におすすめしたい選び方は、まず全国に多く医療施設を展開している大手の医療機関を探して、自分の希望する治療の症例や実績が高いか、実際に通っている方やすでに治療を完了した方の口コミ評価などを参考にする方法です。

 

また大半のクリニックは治療を行う前に無料のカウンセリングを受けることが出来るので、カウンセリングを通して医療機関の雰囲気や、カウンセリングを通してスタッフの対応などもチェックすることが出来るので、信頼のおける施設なのか自分自身で確認してから治療を受け始めることが出来ます。
また症状に合わせて複数のレーザー機器を使い分けている医療施設を利用すると、自分の肌質や症状に合わせた治療を受けることは可能です。

 

 

 

イビサクリーム

 

【本当は効果なし!?】イビサクリームの良い・悪い口コミを徹底検証! TOPはこちら