デリケートゾーンの黒ずみケアに重曹は効果的なのか?

デリケートゾーンの黒ずみケアに重曹は効果的なのか?

 

イビサクリーム

 

そもそも重曹って何?

 

炭酸ナトリウムと聞いてもピンとこない人もいるかもしれませんが、重曹と言えば聞いたことがあるはずです。万能クリーナーや食品としても使われる非常に多様性のある物質で、ベーキングソーダとして調味料のコーナーでも見つけることができます。ケーキを膨らますために使われるベーキングソーダは発泡性を生かして汚れを除去するためにも使うことができます。口に入っても安全なこの物質を使ってデリケートゾーンの黒ずみ対策もできるということをご存知でしょうか。

 

重曹でデリケートゾーンの黒ずみケアができます

 

重曹は水などと混ざることで細かな泡が立ち、細かな粒子が汚れを除去するという効果もあります。デリケートゾーンの黒ずみは肌の深層部にメラニン色素が蓄積するために起こります。メラニンが発生してしまう理由には、下着による摩擦や肌のターンオーバーがうまくいかないといったことに加え、もともとデリケートゾーンは黒ずみが発生しやすいという理由があります。

 

重曹を黒ずみに使用することによって得られる効果は、重曹の研磨作用によって古い角質を除去してターンオーバーを促し、新しい皮膚が正常に作り出され表層部に送り出されることで深層部に蓄積されていたメラニン色素も同時に古い角質として排出されていくというもの。重曹は食品としても使われるほど安全性の高いものなので、デリケートな部分に使っても安心です。ただし、間違った方法では黒ずみを加速させてしまうことにもなりかねませんので、きちんと使用方法を確認してから実践するようにしましょう。

 

重曹で効果的に黒ずみケアをする方法

 

重曹はスーパーや薬局でも購入することができますが、黒ずみケアに使用する場合は万能クリーナーとして販売されているものは避け、食品か純度の高いものを選ぶようにしましょう。黒ずみケアのための使用方法は、普段使っているボディソープに混ぜてデリケートゾーンを洗うというものです。

 

細かな粒子がスクラブの役目を果たし古い角質を効果的に除去します。ここで注意したいのが、黒ずみを除去したいばっかりにゴシゴシ力を入れて洗ってしまうことです。重曹は研磨剤としても使われ頑固な汚れを除去することもできるものなので、少しでも力を入れすぎてしまうと肌に大ダメージを与えてしまうこともあります。

 

正しい使用方法はボディソープを良く泡立てて黒ずみが気になる部分を泡だけで洗うイメージです。手が直接強く肌に触れたり、スポンジをこすりつけてしまうと大きな摩擦が生まれて新たな黒ずみを発生させてしまう原因になります。使用部分の赤みや肌荒れにも注意しましょう。

 

重曹を使用する際のデメリット

 

もう一つ、重曹を使う時に気を付けなければいけないのが、すぐに結果を求めないことです。重曹には古い角質を除去するという効果はありますが、あくまでもターンオーバーを促すという程度のもので、肌そのものを美白するというものではありません。ターンオーバーが正常化しても表皮が生まれ変わるまでに28日以上かかると言われています。

 

重曹で黒ずみケアをする場合も一朝一夕で白くなるというものではありません。数か月単位で初めて少しづつ効果が出てくるものなので、途中であきらめてしまう人も多くいます。生活習慣や下着の擦れなどで黒ずみができてしまっている人は黒ずみケアのスピードがゆっくりであることが原因で効果が感じられなかったということもよくあります。重曹での黒ずみケアはあくまでも補助的な方法として使うようにしましょう。そして、美白効果のあるクリームなど専用のケア用品と併用してみることが、白い肌を取り戻す近道ではないでしょうか。

 

 

イビサクリーム

 

【本当は効果なし!?】イビサクリームの良い・悪い口コミを徹底検証! TOPはこちら