レーザー脱毛による黒ずみケアについて

デリケートゾーンの黒ずみケアに効果的な石鹸選びと使用方法

イビサクリーム

 

ムダ毛のお手入れというのは女性にとって永遠のテーマかもしれません。抜いても抜いても生えてくるし、なかなか薄くもならないし、いっそお金をかけて永久脱毛したいなと思っている方も多いでしょう。
「医療脱毛すると黒ずみが減る」と聞いたことはないでしょうか。脱毛も出来て黒ずみも減るなんてそんなにいいことはないですよね。ここではレーザー脱毛と黒ずみケアの関係についてご説明していきます。

 

おもなレーザー脱毛は3種類

脱毛に使われる代表的なレーザーは「ダイオードレーザー」と「アレキサンドライトレーザー」「YAG(ヤグ)レーザー」の3つです。それぞれの特徴をご紹介していきます。

 

1) ダイオードレーザー

レーザーをムダ毛の毛根に照射して、毛穴の奥の毛母細胞を破壊して脱毛する方法です。日本人の肌にあうレーザー波長と言われており、脱毛力の高さに定評があります。
ダイオードレーザーは脱毛以外にも黒ずみ除去に効果があると言われています。毛根のメラニンに熱でダメージを与えるのと同じように、メラニン色素が沈着したシミにも作用して黒ずみを薄くしていきます。

 

2) アレキサンドライトレーザー

日本人の黒い毛に適しているレーザーです。特徴はレーザー照射と同時に冷却ガスを出すことです。冷却ガスが肌に当たるため、一瞬感覚をマヒさせて痛みを抑える治療ができます。
このレーザーも色素に反応しますが、そのため産毛のように色素の薄い毛には効果が薄いです。

 

3) YAG(ヤグ)レーザー

ヤグレーザーの特徴は、レーザーの波長が長いところです。波長が長いということは、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーよりも毛根の奥までレーザーが届くということです。ですから女性のムダ毛だけではなく、男性のヒゲ脱毛にも使われています。レーザーが深くまで届くため、痛みを感じることもあるようですが、その場合は麻酔クリームなどを使用するクリニックもあります。

 

 

 

レーザー脱毛と黒ずみケアの関係

 

1) 脱毛と黒ずみケアに使われているレーザーは実は同じ

アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーは黒ずみなどの色素沈着の除去にも使われています。両方ともメラニン色素に反応するので黒ずみに効果があるわけです。これがレーザー脱毛に黒ずみケアに効果があると言われている所以です。アレキサンドライトレーザーは美白効果のあるレーザーとしても有名です。

 

同じレーザーを使っても脱毛処理と黒ずみ処理では当てるところが違ってきますし、レーザーの波長や出力設定も違います。なのでレーザー脱毛=黒ずみケアというわけではありません。あまり期待せず、レーザー脱毛して、黒ずみが減ったらラッキーくらいに思った方がよろしいかと思います。

 

 

2) レーザー脱毛すればその後のムダ毛処理が減る

 

レーザー脱毛をするとムダ毛が少なくなります。ということは今までよりもムダ毛処理の回数が減るということです。毛抜きで抜いたり、カミソリで剃る回数は激減します。するとお肌への刺激が減って、メラニン色素の生成が減ることになります。メラニン色素は肌が刺激を受けることによって生成されるので、刺激が減ることによってメラニン色素の生成も減ることになります。

 

 

使うレーザーによって価格は違う?

エステや美容皮膚科は企業によって価格設定が異なります。また、毛量にも個人差があるため、どのレーザーを使えばコストが安いと一概には言えません。
また、施術によって複数のレーザーを使用する場合もあるため、レーザーによる脱毛費用の差ははっきりと申し上げることが難しいです。

 

レーザー脱毛を受ける場合は自分に合った施術をしてくれるクリニックかどうか、また自分の予算と合うかどうかを事前に調べ、まずカウンセリングを受けてみるのがよいでしょう。

 

 

イビサクリーム

 

【本当は効果なし!?】イビサクリームの良い・悪い口コミを徹底検証! TOPはこちら