レーザー治療による黒ずみケアについて

デリケートゾーンの黒ずみケアに効果的な石鹸選びと使用方法

イビサクリーム

 

お肌の黒ずみは女性にとって悩みのタネですよね。加齢によるシミ、肝斑もありますし、顔だけでなく、脱毛による腋の下も気になります。また、水着になるシーズンにはビキニラインやデリケートゾーンの黒ずみも気になってきます。
市販の黒ずみ防止クリームなどで治れば気軽にケアできるのですが、セルフケアで治らない症状にお悩みの方はレーザー治療も視野に入れてみてはいかがでしょうか。
美容皮膚科や専門のクリニックでは様々なレーザー治療を行っています。健康保険の適用外の為、費用が高額になることもありますが、セルフケアに比べると高い効果が期待できます。今回はレーザー治療による黒ずみケアについて考えていきます。

 

おもなレーザー治療の種類

黒ずみへの代表的なレーザー治療は「レーザートーニング」と「インティマレーザー」の二種類があります。それぞれの特徴をご紹介していきます。

 

1) レーザートーニングの特徴

レーザートーニングにはQスイッチYAGレーザー機器「MedLite(メドライト)C6」という医療用レーザー機器を使用します。
肝斑や一般的な黒ずみに対して効果を発揮します。

 

レーザートーニングは患部に対して均一にレーザーを照射します。レーザー照射によって黒ずみの原因となっているメラニンを薄くしていきます。レーザーとしては比較的弱いので、皮膚に炎症を起こすリスクも少ないです。ですが効果も強くないため、何回か治療に通う必要があります。2週間に1回、5回程度の治療が標準です。

 

2) インティマレーザーの特徴

インティマレーザーによる治療はセルビウムYAGレーザーというレーザー機器を使います。Vホワイトニングレーザーとも呼ばれます。
デリケートゾーンの黒ずみ除去などによく使用されます。

 

レーザートーニングの場合は皮膚表面にレーザーを照射してメラニン色素を減らしていく方法ですが、インティマレーザーは皮膚の内側から色素沈着した黒ずみや古い角質を取り除いていく方法です。
内側から黒ずんだ皮膚を削り取っていくため、レーザートーニングよりも施術の効果を感じやすいと言われています。
1回の治療費はレーザートーニングよりも高額になりますが、治療回数は少なくて済みます。
インティマレーザーは黒ずみの除去だけでなく、尿漏れなどの治療にも使われます。

 

レーザー治療の費用を比較してみます

それぞれのレーザー治療の費用は下記のとおりです。

 

1) レーザートーニングの場合

費用(1回):10,000〜20,000円程度
治療回数:5〜10回
推定総額:50,000〜200,000円程度
痛みの程度:軽い痛み

 

2) インティマレーザー

費用(1回):100,000円程度
治療回数:1〜3回
推定総額:100,000〜300,000円程度
痛みの程度:痛みがあると思われる場合は麻酔クリームを使用します。

 

1回の費用としてはレーザートーニングの方が安いですが、治療回数は多くなります。それに対してインティマレーザーの方が費用は高くなりますが少ない治療回数で効果が実感できます。

 

上記の費用は施術代のみで、実際にはその他に診察料やお薬代がかかりますので、もう少し費用が上乗せになります。また、個人の症状によって治療の回数も変動しますし、クリニックによっても費用が異なりますので、あくまで目安としてお考えください。

 

施術後のアフターケアも大切です

 

レーザー治療が終わったらそれですべて終わりというわけではありません。レーザーで今ある黒ずみが取れたとしても、皮膚は外的刺激があればメラニン色素を作り続けます。
ムダ毛を処理したり、下着との摩擦は日々起こるものですから、レーザー治療をしても永久に黒ずみが起きないというわけではありません。
一旦綺麗になっても油断せず、お肌のコンディションをきちんと整えるアフターケアが大切です。

 

 

イビサクリーム

 

【本当は効果なし!?】イビサクリームの良い・悪い口コミを徹底検証! TOPはこちら