イビサクリームの効果的な使い方

イビサクリームの効果的な使い方

 

デリケートゾーンの黒ずみを薄くし、てしかも解消してくれる「イビサクリーム」は、どのように使用するのが効果的かお教えします。
使用方法と塗り方について、直接取材を開発会社にした結果をお伝えします。

 

 

イビサクリームはジェル状だから塗りやすい

 

チューブ状の容器から、ジェル状のクリームを必要量を押し出して手に取ります。
そして、気になる黒ずみ部分に普通に塗りますが、基本的な手順はあります。
特別な注意点などは無いのですが、この基本の手順でイビサクリームを効果的に使用することができますから、しっかり確認してください。

 

 

イビサクリームの使用手順1

 

イビサクリーム

 

デリケートゾーンの黒ずみへと直接塗る場合には、まずは手を清潔にすることが先決です。
場所が非常にデリケートな部分ですから、これは納得の最初の手順になります。

 

クリームと共に「雑菌や汚れ」もすり込むことにならないためには、絶対に必要なのはお分かりでしょう。
肌荒れを起さないためにも、さらに黒ずみを悪化させないためにも、またクリームがきちんと効果を発揮できるように、使用前には「手指は清潔」にしてください。
手洗いは日常的な方法で充分ですが、風呂上り直後の場合はそのままで充分です。

 

外出先からの帰宅後でなく、さほど汚れていない場合には、水洗いだけでも大丈夫です。
あまり神経質にならないで、手が汚れている場合には「石鹸やソープ」を使用して洗ってください。
手が清潔になったと感じたら、イビサクリームを塗る準備は完了です。

 

 

イビサクリームの使用手順2

 

イビサクリーム

 

手を清潔にしたら、クリームを掌に必要な量を出します。
5円玉くらいが目安になりますから、チューブを押して掌に出してみましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみ解消のための量は、5円玉量が絶対とは限りません。
黒ずみの範囲が広くて足りないと思われる場合は、始めに5円玉の量を塗って、さらにまた足してみてください。

 

また、量を減らしてもかまいません。
要するに5円玉量は目安なのですから、自分自身の感覚で増減してみましょう。

 

チューブ式のクリームなので、量はどうでも加減が可能です。
自分に合った必要量を見極めてくださいね。

 

 

イビサクリームの使用手順3

 

気になっている黒ずみよりも、少し多目の量を掌に押し出したら、適当な量を指先にすくい取ってそっと塗りこみます。
ジェル状のクリームでよく伸びますから、軽くなでるだけで滑らかに塗り広げられます。
気になる部分からはみ出しても、気にすることはありません。

 

かえって黒ずみ部分より広めに塗ることで、必要な範囲をしっかりとカヴアーできますから、浸透させるためにも周辺に少し広めに塗ることが必要にもなってきます。
しっかりと黒ずみの周辺にまで、馴染ませてください。

 

イビサクリームは美容成分を多く含くむケアクリームですから、黒ずみよりも広く塗ることで悪い影響は出ません。
保湿効果も高いクリームですから、肌の美容ケアにもなります。
むしろ広く塗ることで、肌が綺麗になっていくイメージを持つことも大切ですね。

 

 

1〜3の手順で塗ったら二度塗りがおススメ

 

使用手順どおりにクリームを塗って乾いたら、さらにクリームを塗ることがおススメです。
要するに二度塗りすることで、ケア成分にさらにしっかりと浸透させるのです。
そのために、デリケートゾーンの黒ずみを確実にケアできます。
なかなか薄くならないしつっこい黒ずみ対策としては、二度塗りはおススめの方法です。

 

 

イビサクリームを塗る回数やタイミング

 

1日に2回(朝と晩)が基本的な回数です。
朝と晩というと起床時と就寝前ということになるでしょうが、各自の時間的な流れに沿って1日に2回時間を決めてください。
なるべく習慣化することで、規則的にクリームの効き目は上がりやすくはなると思います。
でも、多忙な時期や旅行などで時間的に無理な場合は、多少のズレは気にしなくとも大丈夫です。

 

忘れることもあるでしょうが、病気の身体に効く薬とは違います。
細かく神経質にならずに、基本的には1日に2回の塗布を心がけてください。
毎日塗ったほうが効果は出るのですから、なるべく頑張ってみましょう。

 

 

塗る回数で効果は左右される?

 

例えば1日に1回の場合、効果は少し減少しますがそれなりの効果は期待できます。
ただし、1日に2回が基本としてのクリーム塗布ですから、2回よりは効き目は落ちる可能性はあるわけです。
効果が少ないということは、クリームの量が少ないと考えられるからです。

 

でも、時間的余裕が無い場合は、1日に1回でも続けることが必要です。
どうしても1回しか塗れない場合には、先ほどの手順で述べた「クリームの二度塗り」を実行すると良いでしょう。

 

イビサクリームの使い方は、特に難しいことはありません。
1日に2回、伸びの良いジェル上のクリームを「気になる黒ずみ部分に塗りこむ」だけでよいのです。
自分の時間と必要に合わせて、イビサクリームを活用していきましょう。

 

イビサクリーム

 

【本当は効果なし!?】イビサクリームの良い・悪い口コミを徹底検証! TOPはこちら