デリケートゾーンの黒ずみとホルモンとの関係について

デリケートゾーンの黒ずみとホルモンとの関係について

イビサクリーム

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因を、ご存知ですか。
気になっている場合は、まずはその原因を知っておく必要があります。

 

肌の黒ずみは、主にメラニン色素が原因となっています。
なぜメラニン色素が多く作られてしまうのかというと、顔や手足のシミなどと同様に紫外線や外部からの刺激、ホルモンバランスなどが影響しているからです。

 

ホルモンバランスとメラニン色素の関係

 

ホルモンバランスの乱れで、メラニン色素が非常に増えますから当然肌は黒ずんでもきます。
女性ホルモンには、大きく分けて「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの種類があり、それぞれ異なる働きを持っています。
共に生理や妊娠、出産などに関わってくる女性として大切なホルモンです。

 

「エストロゲン」は卵巣に関係し、妊娠をするための排卵をサポートしています。

 

「プロゲステロン」は受精をした後に働いて、受精した卵子がきちんと着床しやすいようにサポートをします。

 

これらのホルモンは、脳下垂体という部分から分泌されていて、シミや黒ずみには「プロゲステロン」が深く関係してています。
そしてそのバランスが崩れたとき、メラニン色素を作り出すメラノサイトを刺激してしまうのです。
このためにメラニン色素は過剰に作られ、色素沈着が発生するという訳です。

 

 

メラニンはどんなときに過剰に生成されてしまうのか

 

メラニンが過剰に生成される理由は、「生活習慣の乱れ」や「過剰なストレス」「妊娠中」「更年期」などがあげられます。
「生活習慣の乱れ」や「過剰なストレス状態」が続いた場合、肌荒れなどを起す人も多いと思います。

 

これらも女性ホルモンの「プロゲステロン」が関係しているようで、生活習慣の見直しが必要になってきます。
生活習慣が乱れている場合やストレスにさらされている状況が続いた場合、シミや黒ずみにも注意が必要なのですが、自分自身でバランスを整えることはとても難しいと思います。

 

しかし、黒ずみというのは身体のどの場所でもメラニン色素が沈着することで起こる肌トラブルですから、メラニン対策をしっかりと行うことで肌を綺麗に保つことはできる筈です。

 

バランスが崩れてしまったら、肌自体が弱ることから「潤い不足」や「乾燥」も心配になってきます。

 

肌のターンオーバーが充分に働かないことで、黒ずみが濃くなることもあります。
特にデリケートゾーンの肌は微妙なので、できるだけ早く対処しましょう。

 

 

ホルモンバランスの崩れには注意しましょう

 

ホルモンバランスの崩れには、いくつかのサインがあります。
知っておくことで対処法が分かりますから、注意してみてください。

 

 

バランスが崩れてることで「生理不順や生理痛が強く」なったり、「生理中ではないのに経血のようなものが出てしまう」などの症状が出る場合があります。

 

当然なのですが、女性ホルモンは生理や妊娠に影響を与えています。
生理の時に症状が出ることを知っておくことで、
このような症状が出てしまった場合には、きちんと「ストレスを発散したり生活習慣を整える」などの工夫ができるようになりますね。

 

 

イビサクリーム

 

【本当は効果なし!?】イビサクリームの良い・悪い口コミを徹底検証! TOPはこちら