摩擦などの刺激でデリケートゾーンが黒ずむ理由

摩擦などの刺激でデリケートゾーンが黒ずむ理由

イビサクリーム

 

デリケートゾーンの肌の状態は外からは確認し難く、その繊細さは自分でもわかり難いものです。
常に衣服などで隠されていて、頭部や腕や脚のように外気に晒されて刺激を受けてはいません。

 

もちろん紫外線もあたりませんし、力任せに洗ったりもしていません。
でも、いつの間にか黒ずみが出ているような状態に、自分でびっくりするひとは少なくは無いでしょう。
そんな奥深い隠した部分に、なぜ黒ずみが発生するのでしょうか。
その理由は「メラニン」にあるのだそうです。

 

紫外線や摩擦が原因で肌にメラニンが生成されます

 

ひとの肌にメラニンの影響が出るのは、紫外線や摩擦などの刺激が理由です。
メラニンの生成によって、肌は軽い火傷状態になったり炎症を起したりのトラブルを少しだけに留めているのです。

 

夏の太陽を浴びて日焼けして健康的に見えるのも、メラニンが肌を刺激から守るために反応した結果です。
最近は「健康的な日焼けの肌より白い美しい肌」が持て囃される傾向にありますね。

 

メラニンは決して「悪役」ではないのですが、メラニンの色素が黒く見えることから、肌は日焼けで茶っぽくなったりするわけです。
ですが、デリケートゾーンは日焼けで黒っぽくなる訳ではありません。
なにしろ日には当てない部分なのですから…。

 

では、なぜメラニンの影響で黒っぽくなるのでしょうか。
それは下着や衣服が原因と考えられるのですが、日常生活の中で異常に擦れていることは考えられません。

 

ただ、軽く薄い下着であったとしても肌の弱い人には刺激になり得るのです。
立ったり座ったりまたは走ったりした場合に、こすれあうことでもメラニンは発生します。
刺激が強い素材の下着を使用した場合には、なおさらでしょう。

 

可愛い綺麗なレースが刺激が強いのかもしれませんし、天然素材でない科学繊維が苦手な肌の場合も考えられます。
一度の刺激で生成されるメラニンはほんの少しでも、積み重なった場合には「黒ずみ」へと変化する場合もあるのです。

 

 

摩擦による肌のターンオーバーの異常が原因になることもあります

 

さらに、ターンオーバーも黒ずみを作る原因と考えられます。
日常的な生活の場合、肌は活発に新陳代謝を繰り返して常に古い肌は新しい肌へと生まれ変わっている訳で、その仕組みを「ターンオーバー」と呼び、人の機能として備わったものなのです。

 

ターンオーバーは通常28日程度を一周として、古い肌は角質化していきます。
新しい肌が生まれて身体をカヴァーすることで、必要なくなった角質化した古い肌は自然に落ちていきます。
これが「垢」と呼ばれるものですから、入浴で身体を綺麗に洗うことは、古い角質を落として新しい肌を造る助けにもなっているのですね。

 

デリケートゾーンの場合もターンオーバーは同じです。
メラニンで生成された黒ずみは、新しい肌へと生まれ変わるのですが、問題が生じる場合もあります。
ターンオーバーが速やかに行われなかった場合、またすでに色素沈着が発生してしまった場合には、黒ずんだ肌は残ってしまうのです。

 

女性には、黒ずみは最大の悩み事になるでしょう。
相談する相手も難しいですし、ひとり思い悩むことも多いと思います。
とにかく気になるデリケートゾーン、黒くさせない工夫をして、黒くなってしまったら薄い状態の内にケアする方法を探してすぐに実行しましょう。

 

身に着ける下着を、自分の肌に合う素材や圧迫感のないものに変更したり、摩擦が起き難いものに変更し、数年先の結果に備えましょう。
早い時期に対処してケアをすることで、これからの悩みや費用も少なくなっていく筈です。

 

 

イビサクリーム

 

【本当は効果なし!?】イビサクリームの良い・悪い口コミを徹底検証! TOPはこちら