摩擦などの刺激でデリケートゾーンが黒ずむ理由

これがデリケートゾーンの黒ずみに効果のある成分!

イビサクリーム

 

お肌の黒ずみは多くの女性の悩みの種ですが、特にデリケートゾーンの悩みは誰にも相談できず悩んでいる方も少なくないと思います。
デリケートゾーンが黒ずんでいると、「遊び人と思われるのではないか」とか「意外と不潔」などと思われるのではないかと心配になってしまいます。また、水着になったり彼との旅行やお泊りの時もなんとなく気が進まなくなったりしませんか?

 

今はデリケートゾーンの黒ずみを改善するクリームやジェルやせっけんなどもドラッグストアなどで買うことができます。ドラッグストアで買うのはちょっと、とお悩みの方はインターネット通販でも買うことができます。
実際にはどんな製品が黒ずみに効くのか判断に迷ってしまう方もいらっしゃると思います。そこで、デリケートゾーンの黒ずみに効果のある成分をご紹介します。商品選びの時の参考にして頂けると思います。

 

 

黒ずみに効果のある主な成分

 

1.アルブチン

 

メラニン色素の生成を抑え、シミや黒ずみを改善する作用があります。厚生労働省にも認可されている成分で、ハイブランドの美白化粧品にも使われています。美白成分の中でも特に効果が高いと言われています。

 

2.ハイドロキノン

 

メラニンの生成を抑制すると同時に、メラニンを作る細胞であるメラトニン自体を減らす効果を持っている成分です。効果がとても高いと言われており、濃度の高いものは皮膚科医などの処方が必要になりますが、市販の化粧品でもハイドロキノン配合の製品が販売されています。

 

3.ビタミンC誘導体

 

ビタミンCがお肌に良いことはよく知られていますが、ビタミンCとビタミンC誘導体はどう違うのでしょうか。
ビタミンC誘導体は簡単に言うとビタミンCをお肌に浸透しやすいように加工したものです。美白効果としてはメラニン色素の生成を抑制し、お肌のハリのもとであるコラーゲンの生成を促す作用があります。

 

4.パルミチン酸アスコルピルリン酸

 

上で紹介したビタミンC誘導体のひとつです。ビタミンCは酸化しやすく、肌に浸透しにくいという弱点を持っていますが、その点を改良した成分で、ビタミンCより1,000倍浸透性が高いと言われています。美白作用のある成分です。

 

5.プラセンタ

 

プラセンタも美容成分としては高い効果を持っています。お肌の新陳代謝を促進する作用があり、ターンオーバーを正常に戻すことで美白効果やアンチエイジング効果が期待できます。

 

6.アロエ

 

ヤケドに効くことで有名ですが、これはアロエに抗炎症作用があるからです。また、保湿効果も高いのでデリケートゾーンを保湿することで、乾燥による摩擦を抑えることができ、黒ずみ防止に一役買ってくれます。

 

7.フラーレン

 

ここ最近注目されている美白成分フラーレン。アスタキサンチンやビタミンCよりも高い抗酸化作用を持っており、シミや黒ずみの原因である活性酸素を除去することで黒ずみを防止します。美白成分はビタミンCの100倍以上と言われています。

 

8.白金ナノコロイド

 

白金ナノコロイドは抗酸化作用を持っており、紫外線を浴びることで生成される活性酸素に作用することで美白効果を発揮します。コエンザイムQ10やポリフェノールよりも効果があると言われる成分で、平成17年に東京大学大学院で発見されました。

 

9.浸透型ビタミンC

 

水溶性ビタミンCはお肌の表面に作用し、油溶性ビタミンCはお肌の深部に作用します。その両方の作用を持つのが浸透性ビタミンCです。浸透性が高く、刺激が少ないのが特徴です。新型ビタミンC誘導体とも言われています。

 

10.甘草(カンゾウ)フラボノイド

 

メラニンの生成を抑制する作用があり、また活性酸素を除去することで美白成分として機能します。ビタミンCの200倍以上の美白効果があると言われています。単体では肌に染み込みにくいのでホホバオイルなどと合わせて使われることが多いです。

 

10.フラバンジェノール

 

ビタミンCの600倍の抗酸化力を持つと言われる美白が期待できる成分です。メラニン色素の生成する際の酵素となるチロシナーゼを抑制する作用があります。

 

11.ヒアルロン酸

 

ほとんどの保湿化粧品に入っているのではないかと思われるヒアルロン酸ですが、黒ずみの予防効果が期待できます。黒ずみの原因のひとつは皮膚が摩擦によって乾燥して色素沈着が起こることですが、保湿することで感想を防ぐことができます。

 

14.コラーゲン

 

保湿効果、お肌のハリを保つ成分として有名です。コラーゲンはお肌の成分とも言えますので、コラーゲンをお肌に取り入れることでターンオーバーを正常に戻し、新しい皮膚の再生を促進して黒ずみを除去し、綺麗な美肌に戻すお手伝いをします。

 

15.トラネキサム酸

 

抗炎症作用があり、メラニンの生成を抑制する作用があります。肝斑の治療にも使われており、美白効果が期待できます。

 

まとめ

 

黒ずみに効果のある成分の主なものをまとめてみました。これは効きそうだな、とか、これが自分に合いそうかなと思う成分があったら、その成分が配合された製品を選んでみてはいかがでしょうか。

 

イビサクリーム

 

【本当は効果なし!?】イビサクリームの良い・悪い口コミを徹底検証! TOPはこちら