摩擦などの刺激でデリケートゾーンが黒ずむ理由

メラニン色素の役割とお肌への影響

イビサクリーム

 

 

「メラニン色素」はほとんどの方が聞いたことのある言葉だと思います。
「日焼けをするのは、紫外線によってメラニン色素が生まれて色素が沈着するからです」という内容のことを小さい時にプールの時間などに説明されたと思います。

 

もう少し詳しく説明すると、表皮の基底層にある「メラノサイト」が紫外線などの刺激を受けるとメラニン色素を生成するのです。
なぜ勝手にメラニン色素を作るかというとお肌を守るためです。メラニン色素を含む表皮で肌にバリアを作り、肌がそれ以上紫外線の刺激を受けないようにするのです。紫外線はDNAを破壊したり皮膚がんの原因の一つであったりしますので、メラニン色素ががんばって紫外線からお肌を守ってくれているわけです。

 

また、お肌の白い人ほど紫外線の影響を受けやすく、日焼けすると黒くなる前に赤みが出てしまって軽いやけど状態になったり、湿疹ができたりします。肌の弱い人にとっては紫外線は天敵のようなものですよね。

 

また、紫外線はシミ、そばかすや紫外線の原因のひとつでもあります。生成されたメラニン色素がうまく体外に排出されないと色素沈着を起こし、シミや黒ずみとなってお肌にくっついたままになります。

 

メラニンは紫外線の刺激から体を守ってくれるとても重要なものです。が、こと美容の観点から見るとシミ、黒ずみの原因となるものなので、そのありがたみをついつい忘れてしまいがちになりますね。でも、紫外線を避ければシミ、そばかすもかなり避けられるということになります。

 

 

紫外線の当たりにくい脇の黒ずみの原因

 

紫外線が黒ずみの原因だとすると、日常ほとんど陽に当たらない脇の下や脚の付け根の黒ずみの原因はなんなのでしょうか。真夏のプールサイドでもない限り脇の下やビキニラインをお日さまに当てるということはまずないはずです。

 

つまりメラニン色素が生成されるのは紫外線だけが理由ではないのです。紫外線を浴びていないのにメラニン色素が生成される理由、それは「摩擦による刺激」です。お肌は紫外線だろうが摩擦だろうが刺激を受けると自分を守ろうとしてくれます。ですから紫外線を浴びなくても刺激を受けるとメラニン色素を生成するのです。

 

女性にとって脇の下のムダ毛処理は欠かせないもの。男性がヒゲを剃るように女性もムダ毛を剃ったり抜いたりしますよね。中には生やしている人もいますが。。。

 

脇の下にカミソリをあてたり毛抜きで抜く刺激を、お肌は外敵からの攻撃だと認識し、守りに入ります。つまりメラニン色素の生成を総動員で行う指令を出します。これはムダ毛処理だけでなく、足の付け根のビキニラインやヒップラインに下着との摩擦が起こった時も同様です。刺激を受けることによってメラニン色素生成の大号令が起こり、お肌を保護してくれます。お肌を保護してくれて大変ありがたい話なのですが、保護してくれると同時に黒ずみが発生します。ここが女性にとって悩みどころになるわけです。

 

黒ずみは一度なくなったとしても刺激を受けるとまた再発することが多いです。レーザー治療で黒ずみを除去した場合も同様です。賢いメラニンは自分の役割を忘れることはありません。

 

 

黒ずみの原因をできるだけ避ける

 

黒ずみはもしできてしまったとしてもある程度は取り除くことができます。セルフケアで黒ずみケア化粧品を使ったり、クリニックのレーザー治療などで改善できるようになってきました。
しかし、できてしまった黒ずみを除去するよりもできない工夫をするほうが、お肌にもお財布にも効率的です。風邪を引いて医者に行って薬を飲むよりも、毎日の手洗いとうがい、マスクによる防御の方が健康的で経済的なのと一緒です。

 

黒ずみができる主な原因は

 

1.カミソリ、レーザー脱毛による刺激
2.タイトな下着や洋服による摩擦
3.制汗剤の過多な使用
4.紫外線に無防備

 

などが挙げられます。

 

この原因を徹底的に避ければシミ、黒ずみから遠ざかることができます。できることとなかなかできないことがありますが、できるだけ黒ずみに対する予防をすることで美肌に近づくことができます。

 

 

イビサクリーム

 

【本当は効果なし!?】イビサクリームの良い・悪い口コミを徹底検証! TOPはこちら