摩擦などの刺激でデリケートゾーンが黒ずむ理由

女性ならではの悩み!妊娠中の脇の黒ずみ

イビサクリーム

 

 

妊娠するとお肌が黒ずむことがあります

 

脇の黒ずみは女性ならではの悩みですよね。でも、ムダ毛は気にしても脇のお肌の色までちゃんとチェックしていますか?夏になって、半そでやノースリーブを着た時にチェックしたら黒ずみに気がついたという方も多いはず。

 

また、妊娠中の脇の黒ずみも女性ならではの悩みです。妊娠するとホルモンバランスが変化し、体に様々な変化が起きますが、脇の黒ずみもその一つです。妊娠中は黒ずみができやすくなってしまうのできちんとケアしておきたいものです。

 

黒ずみは脇だけではなく、胸、乳首、乳輪、お尻、足の付け根など様々な場所に発生します。黒ずんだからといってゴシゴシこするのは逆効果なのです。お肌の黒ずみはこすったからといって取れるものではありません。黒ずみをゴシゴシこすると肌が刺激を受け、メラニン色素の生成がより促進されてしまいます。

 

妊娠するとお肌が敏感になると言われていますので、お肌に使うものは化粧品も小物も肌に優しいものを選ぶようにすることをおすすめします。特にナイロンタオルでゴシゴシこするのは避けた方が良いでしょう。

 

 

黒ずみはなぜ起こる?

 

では脇の黒ずみが起こる原因はどんなことでしょう。妊娠していなくても肌の黒ずみはおこります。加齢もひとつの原因ではありますが、一般的には下着や洋服との摩擦、紫外線、ムダ毛処理でのカミソリなどの刺激などを受けると、肌が自分を守ろうとしてがんばってくれます。がんばった結果、メラニン色素を生成してそれが沈着して黒ずみになります。これも大きな原因のひとつですが、妊娠中の黒ずみはまた別の原因が考えられます。

 

妊娠すると胎児を育てるために必要なホルモンが増え、妊娠前とはモルモンバランスが変ってきます。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロテスゲン(黄体ホルモン)と呼ばれるホルモンが増えてきます。このホルモンがメラニン色素のもとであるメラノサイトを刺激して、お肌の内部にメラニン色素が増加して黒ずみの原因が発生するわけです。

 

妊娠20週ごろからエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロテスゲン(黄体ホルモン)というホルモンが増えるようになると、メラニン色素の色素細胞(メラノサイト)を刺激し、肌の内部にメラニン色素が増加します。黒ずみだけでなく、シミやそばかすが増える場合もあります。

 

ただ、妊娠中の黒ずみは赤ちゃんを産んだ後にはだんだんと消えていくと言われていますので、あまり深刻にならなくてもよいでしょう。でも、黒ずみケアは続けることをおすすめします。

 

もともとメラニン色素はお肌を守るために生成されるものです。これは正常な体の反応とも言えますが、黒ずみはやはり女性の悩みのタネ。できるだけ増えないように、濃くしないようにケアを怠らないようにしたいものです。

 

 

妊娠中の黒ずみケア

 

妊娠中は特に脇の黒ずみが気になるので、黒ずみに効くと言われている化粧品を使いたくなるのですが、お肌が敏感になっていますのでよく吟味して選ぶことが重要です。

 

アットベリーという黒ずみ専用のジェルがあります。これは薬用のオールインワンジェルで、1本で化粧水、美容液、乳液の効果がありますので、なかなかお肌のお手入れに時間が取れない妊娠中でも手早く黒ずみケアができます。

 

ジェルタイプなのでちょっとべたつくイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、塗るとすぐにサラサラの感触になります。また、ナノ化された成分が肌の内側に作用し、比較的大きな成分は肌の表面に作用し、うるおい成分が肌を保護するのでお肌に潤いを閉じ込めてプルプルのお肌に仕上がります。

 

脇が綺麗だと腕や脇を露出するファッションもためらいなく着られて自分にも自信が持てるようになりますよ。

 

 

イビサクリーム

 

【本当は効果なし!?】イビサクリームの良い・悪い口コミを徹底検証! TOPはこちら