デリケートゾーンの黒ずみの原因について

デリケートゾーンの黒ずみの原因について

 

女性のお悩みはさまざまなものがありますが、デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる女性は非常に多いのではないでしょうか。

 

デリケートゾーンの中でも、Iラインの黒ずみが気になる場合、その原因は下着との摩擦が考えられます。

 

1年365日身につけるのがショーツであり、足を動かすたびに摩擦が生じて、皮膚がダメージを負って次第に黒ずんでしまうのです。

 

黒ずむといえば、紫外線を浴びた後の日焼けも黒ずみなわけですが、デリケートゾーンなどはどう考えても日光にさらすことなどありませんよね。

 

でも、実はショーツとの摩擦によってダメージを受けた皮膚は、体を守ろうとしてメラニン色素を表面に出してきます。

 

日焼けも、紫外線のダメージから肌を守るためにメラニン色素が出てくるものなので、原理としては同じということになりますね。

 

メラニン色素は体のどこにでもあるので、特に日に当たらないところであっても黒ずんでしまうというわけです。

 

しかも、デリケートゾーンはもともとメラニン色素の活動が活発なので、他の部分以上に黒ずみやすいといえるのです。

 

因みに、サロンやクリニックでの脱毛でもっとも痛みを感じやすいのがIラインともいわれていますが、その原因も黒ずみにあるといわれています。

 

そんな気になるデリケートゾーンの黒ずみは、ショーツの形を変えることでも軽減できます。

 

ビキニタイプではなく、ボクサータイプを履くだけで良いので、非常に手軽にできる黒ずみ解消方法だといえるでしょう。

 

もちろん、デートの時はかわいいショーツを履いて、後はボクサータイプで過ごすなど、上手に使い分けるのがおすすめです。

 

ボクサータイプであればIラインとは摩擦が生じないので、少しずつ色素沈着が少なくなっていくはずです。

 

また、デリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームを使ってみるのも良いでしょう。

 

毎日使い続けることによってターンオーバーが促され、少しずつ肌に透明感が戻ってくるはずです。

 

 

イビサクリーム

 

【本当は効果なし!?】イビサクリームの良い・悪い口コミを徹底検証! TOPはこちら